映画「銀の匙」を観に行きました

良かったです。

とかくマンガやアニメ原作の実写映画は酷評される

事が多い昨今かなり良作だと思います。

まず、原作との違和感がさほどない。

映画の質は監督の力量によって左右されると思います。

「原作に忠実に創れ」と私は言いたくありません。

しかし、監督が原作の意図をまったく意に介さず、

まったく別物の作品が多いのも事実です。

例えて言うと作者(マンガ)もマンガの中で語っていましたが、

国語のテストの小説の読解があるとします、

「この小説の作者の言いたいことを読むのではなく、

出題者の意図を読むんだ」

小説全体を読むことによって、得られる作者(小説)の

意図と一部分を抜粋した出題者が描いている意図が

まま違う時があります。

「銀の匙」は原作と映画の差異はこのくらい僅かなものだと思います。

主人公、ヒロイン、その他役の皆さんも原作を理解して、

見ごたえあるものだと思います。

"映画「銀の匙」を観に行きました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント