メディア

子供の頃はインターネットがなく、暇な時は

やたらとテレビを見ていました。

自然とその時点で殆ど興味がない番組を見てしまう

ことがあり、時々まったく未知の世界、不思議な世界で

興味をそそられ、調べて関心を持ち夢中になることも

ありました。

今はそういう機会が減ったんじゃないかと邪推します。

インターネットでは、検索すれば興味のあるページに

すぐアクセスでき、学校の勉強やら一般の事柄は日常生活を

こなす及第点をとっていれば、または理解せず

丸暗記していれば周囲から文句は言われません。

視点をテレビに置くと幾つかの問題があると思います。

・テレビの規制が厳しくなった。

あれは言ってはいけない、これを言ってはいけないと

すぐ炎上し、放送できない

・デジタル化移行がインターネットを意識を薄いままで

 してしまったので予算が少ない

特にワイドショーの時間が長すぎる、現在の新型肺炎の報道は

仕方ないにしてもどうでもいい芸能関係とか不祥事におおごとに

報道しすぎる

ワイドショーを朝、昼、晩に一時間だけに収めると各局の放送内容が

二局分が一局で収まる気がします。

ユーチューブとか半素人が作る過激でテンポのいい番組に

視聴が取られるのも仕方ないと思います。

・面白い過去の再放送を流したくてもアナログで画質が悪かったり、

 放送コードに引っかかって放送できない

もう少し世の中、寛容にならないとどんどん視野狭窄になって

しまうんじゃないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント