本質

画像

私が無神論者というか宗教嫌いになったお話をします。

昔いろいろというか今日もですが、悩むことが多くて

仏教について調べました。

お釈迦様は格付け社会(カースト制度)に疑問を持ち、

節度を弟子達に説きました。

当時、文字がなかったせいもあるでしょうが、お釈迦様が

入滅後、弟子達はそれぞれ自論を持ち、「自分が正しい」

と格付けし合い始めたことを知り、幻滅し、宗教嫌いになってしまいました。

私は最近ipodを買い、無料で電子書籍で夏目漱石の「心」を

読みました。

びっくりしました。

昔も読みましたがその頃、この小説の本質を2割も理解していない

自分に気づきました。

人は「他人の話や書き記したものを2割も理解していないんじゃないか?」

と。

東洋人に比べて欧米人の方がサイコパスが多いと聞きます。

要は欧米人の方が「自己肥満しやすい」ということです。

どうやってそれを制御して社会を形成していたか疑問に

思っていたのですが、「贖罪」。

日常の些細なことを懺悔することによって、

「自分の醜さと向き合う」ことによって自己肥満を制御していた」

と私は勝手に思います。

前回のブログで「各付け」RPGはあまりよくないみたいなこと

を書いていましたが、それに気づいたのはソーシャルゲームを

やっていたからです。

まあ、懇切丁寧に日本人の気質を見抜いたゲームだと感心して

しまっています。

商売と詐欺。

カルト宗教と倫理。

「しきい」はないと思います。

今迄読んできた物語、アニメ、マンガの本質の2割も気づいていないんじゃ

ないかと気づいた自分が本当に情けないです。

しかし、こんな私でも上層部はなんでもすることが肯定され、

勝手に格付けされ、神経質にストイックさを要求される社会は

カルト度が高いと思います。


"本質" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント