しつこいけれど、蓄電池の話

世界の潮流で自動車のEV化が叫ばれています。

もう、自分は世間からずいぶんズレているので半信半疑で

いいです。

自動車の前に家庭用発電ではないですか?

ソーラーパネルは実用化されたと言っていいほど性能が

あがりました。

が、活用しきれていない、それは蓄電池の性能がイマイチ

だからです。

太陽が昇り沈むまでに半日のフル充電さえ、コスト、安全性、

信頼性、耐久性が今現在量産化の目途がたっていないからです。

天気の良い日だけでいいから、一家に一台、昼の発電で夜全部

の電力を賄うというのは現実的ではないみたいです。

車に積載するのと違って、容量、重量、振動etcの制限が

緩くてもダメみたいです。

実用的に普及させるなら、丸三日分の電力を貯めなければ、

難しいと思います。

丸三日雪や雨が続くことは一年中頻繫に起きるからです。

現在の天気予報で、一週間悪天候が続くと予想されるなら

火力などの発電を急げば、停電は防げるかもしれません。

理想はソーラーパネルで発電し、家庭で蓄電し、乗用車に

給電するというのが望ましいんじゃないかと思います。

乗用車より条件がかなり緩い家庭用蓄電池がまだ、資源、技術的

に難しいので私は2030年度は家庭用蓄電池を目標にするくらい

の方がいいと思っています。

コロナ禍の昨今でシリコンが足りなくなり、乗用車が減産するくらい

なので、給電用の純度の高い銅の高騰でさえも心配性の私は心配です。

なぜ、EV車が声高に叫ばれるのか?

家庭用蓄電地の方が全エネルギーを考えたら影響ははるかに

大きいと思います。

半日充電くらいだと、商業的に儲けができるか不透明

車載電池を開発を早急に儲けることができる

エコとは関係のない力が働いて無理難題を押し付けられている様な

気がします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント