日本の鉄道路線

ネットの鉄道の動画は拝見して楽しんでいます。

まあ、何度も繰り返しなんですが、日本の鉄道路線を

眺めると事情が複雑に絡んでいておかしいです。

公営の鉄道の構想と建設は明治中頃から始まりました。

それらの鉄道は計画性があり、難所も後で資金を工面して

なんとか東海道本線が後に繋がりました。

第一目的が貨物なので、港を結びたい、なるべく建設難所を

避けたいという観点から海沿いを選んだようです。

が、今でいうハイソな城下町、実力者が住むような土地柄は、

当時は蒸気機関だったので、煙はむぜる、騒音がひどいので

通らすことができず、町外れに駅が造るしかなかった事情も

あった模様です。

おかしいのはその後です。

明治後期~大正時代になると政府のお金がなく、私鉄各社が

営業を始めました。

先ほど述べた「ハイソ」な土地柄に駅がなく鉄道の利便性を悟り、

「ハイソ」に後で出来た私鉄がそこを通す事が多く、例えば

JRの京都駅は六条、阪急は四条とか私鉄の方が中央に近い事が

多いみたいです。

この頃には電化されて、蒸気機関に比べて騒音も公害が

少なかったことも要因として大きいみたいです。

一方では、例えば北陸と東海を繋げるために両端から工事を

始めたものの採算やら難所を考えずに見切り発車したため、

結局廃線に繋がった路線も多いようです。

鉄道は、空港や高速道路とは違いインフラなんだけど、潤沢に

税金で補助しないという日本の方針から

「古い車両を大事に使いましょう」

とか「魔改造」で資金不足を補ったり、先述の政治や指導者や

地域性に振り回されるのだけれども、そこに日本人の特性が顕れて

おかしかったりします。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント