球根

この時期家庭菜園で手入れをすることがしばしばあります。

この間、行きつけの園芸店からチューリップの苗をもらい、

育てて分球した「球根」を採取しました。

考えてみれば、不思議なもので大体の「球根」から育てる

植物は自然な状態だと殻も持たず、細菌やら害虫だらけの

土の中で腐らず、食われず、来年また花を咲かせます。

玉ねぎなんかは犬や猫に食べさせてはいけないと

言われています。

球根の大部分は毒を持っていて、土の中で耐えているようです。

もっとも観賞用のチューリップは、毒が弱く手入れをしないと

ダメなようです。

また、放送大学の入れ知恵なんですが、研究で調べた話で、

植物は名何十年に渡って生きる「木」になったり、「多年草」や

「一年草」になったりを繰り返しているものもあるようです。

例えば、「木」は一年草よりも裸子植物の割合が多いようです。

これは、たぶん環境に適した変異のサイクルが遅いからなのかな?

と思います。

個体が安定した「木」、環境に適した変異を繰り返す「一年草」

子孫を残すためのいろいろな戦略を練るものだと感嘆しました。

今のご時世、人間もいろいろ知恵を絞り、耐えて戦略を練らなければ

ならないのかな?と思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント