RETAKE  ストライク・ザ・ブラッド

ニコ動に曲をUPしました。

RETAKE  ストライク・ザ・ブラッド カバー feat.IA



前にUPした2017年の今の調声に変わる前に悩んでいて

どうしたらいいかわからず作ったのを覚えています。

DAWの機能をいろいろいじくって試してみて、その後

「残酷な天使のテーゼ」で違う強力なコンプをかけて

道筋が見えてきたと本人は述懐しています。

ここしばらくIAを使っていなかったのですが、

特に「か」「た」「て」「と」の撥音が耳障りなので

マイルドにするため検証したり、悩んでいました。

波形にすると、とんがっているのでわかっていたのですが

利く対策が中々わかりませんでした。

今までの対策は、

・ポルタメント

つながりのパラメーターなのですが、大きくとると
ヌルっという感じで昭和歌謡に向いている
小さくするとキレのいいロックに最適なのでちょっと
大きめにすると改善

・DYN

大きくとると音自体が大きくなるので小さくすると改善

・GEN

効き目は小さいけれど、高い周波数成分が少なくなるので
大きくすると改善

・アクセント

冒頭とかアクセントを slow legatowo使うなどする

・イコライザーで5kHz当たりのGAINを下げる
撥音の周波数成分が5kHz当たりが多いようです。

・とんがった波形自体を波形ソフトで編集

今回は、OPEとVELを小さめにすると周波数成分と声の大きさを調整できる

のでなんとか上の数種類を駆使して少し抑えることができました。

メロディは基本 強弱強弱 の繰り返しですが撥音の所だけ小さく

してみました。

欠点としては調声が細かくなり、前回では一日で終えたのを三日ほど

かかりストレスがかかるということです。

Magiaに至っては三重合唱なので一週間程かかり、

放り投げそうになったくらいです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント