多すぎる神様

突然偉そうな事を書きます。

唯一神と言えば、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教などがあり

同じ神様のようです。

キリスト教は昔話としてギリシャ神話も認めていて多様なようです。

シベリア、日本、ポリネシアは多神(アニ三ズム)のようです。

多神は長所だらけということを耳にしますが、

ここでは欠点について書きます。

私はようやく体調が少し良くなったので最近、

新幹線を使った簡単な旅行をしています。

京都や各地の寺社や建造物を観光に行ったり、

流行りの御朱印を集めたりしています。

なんとなく気づいたのは、明治時代に神仏分離したのにかかわらず、

膨大な仏像とご神体の数です。

私の偏屈な意見ですが、長い不景気、規制緩和で小さな事業所が

沢山でき、「小さな神様」もいつの間にか沢山作ってしまった

のかもしれません。

神絵師、神調教師、歌うアイドル(偶像)もたくさん増えた気がします。

店で500円の商品を買い、粗相があると店に土下座させる客も神様

ネットで名前しか知らない著名人をこれでもか と罵る神様

が、新事実が出ると謝りもせず、手のひら返しで他を責める神様

神様は瑕疵がありません。

他の諸外国でも従業員が数万人にものぼり、

長年信用を得ている一部上場企業の社長さんとか神様とか

呼ばれているでしょう。

が、日本の場合、100人単位以下のリーダーだけで神様扱い

されている人が多いと思うのです。

議事録には発言者も生の声もない。

神様が為すことは瑕疵がないので、議事録が報告書になる。

狭くて、局所的に発生する神は他分野を見ない

自分の分野だけを崇拝して他の分野をバカにする

法令を守らず、利益追求

下々の意見は聞かない

問題が発覚しても誰が発言したか神様が

どうかかわっていたかがさっぱりわからない

神様が多すぎ、作りすぎが諸問題の原因かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック