鉄道沿線はきれいな花が咲く

先日、庭の刈り取った雑草に食堂からもらってきた米ぬか、苦土石灰、鶏糞を混ぜて

土を被せて二週間程経ったのでどうなっているか掘り起こしてみましたら、

チーズ状に固形物になっていました。

もしかしたら発酵していた?

そんなわけで、家庭菜園で試行錯誤して遊んでいます。

初心者向けの花で菊がありまして、この間挿し木に挑戦してみました。

枯れてはいないのですが中々発根しないので「メデテール」という

発根剤を使ってみました。

パッケージには鉄の二価イオンが効くと書いてあります。

はれ、そういえば、写真が趣味なので時々なんでローカル線の鉄道沿線は

結構きれいな花が咲いていることが多いことを思い出しました。

日本の土壌は高温多湿で酸性雨が降ると土壌のCa,Mg,Feイオン

が酸と結合しまして酸性になると聞きました。

なのでたまに走るローカル線は適度に鉄分が撒き散るので

適度に弱酸性土壌になり、Feイオンも補給されるので

他の土壌では咲かないような植物が群生してきれいな花が咲くのかな?

私の近所は今は高架になってしまいましたが近くの沿線は

妙に彼岸花などが群生して綺麗でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック