最近、家庭菜園を始めました。

ささやかながら庭の土地が余っていることと、

軽い運動をマイペースでできるという理由が主で

やってみようと思います。

自分の詳しくない分野に取り組むと見えてくることも

多々ありまして凄く話が飛びます。

畑を造ってみると水はけが悪い。

いろいろと試行錯誤していますが、難しいです。

昨今、東北震災の津波の映像がTVでよく見かけます。

昔の農業は「水の運命共同体」と言われていますが、

言い換えてみれば「「水害の運命共同体」かもしれません。

最古の4大文明の一つのエジプト文明

これには気が付いた他の文明と違う点が二点

・巨大な墓石(ピラミッド)

・まだ都市(町)が発見されていない

「偉大な母なるナイル」と表現されるようにエジプト文明

ナイル川周辺で興りました。

川の氾濫の為に天文学や暦が発明されたのですが、それに伴って

もしかしたら定住できる都市が造れなかったのかもしれません。

その代りピラミッドを造り、権威を誇るということもありますが

川筋や地形が変わった後の目印にしたかもしれません。

当時の土木技術ですと東北震災なみの水害ではピラミッド級の

建造物ではないと流されそうです。

誠にローカルで小さな話になりますが、私の住んでいる浜松も水害

に悩まされたようです。

何故なら石高が17万石以下と小さい。

私の住んでいる処から50m離れているところに馬込川(現在の天竜川から6キロくらい西)

あるのですが昔は小天竜とよばれ、水害があったときはここまで

川が流れた模様です。

なので、しょっちゅう一揆などが起こった様です。

ところが治せない。

小学生で習ったと思うのですが、外様藩が軍事行動を興した時に

橋をかけれない地形にするためです。
(人足を使って渡らせた)

明治期に金原明善という方が私財をなげうって、

北海道の開拓援助と天竜川の治水事業興したそうです。

浜松の農業と工業はこれが基盤となっているので

もう少し全国に知れ渡ってほしいものです。

浜松の小学生の授業ではイヤというほど聞かされますが

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック