自衛権

画像

一週間前程に「集団的自衛権の容認」が議決された様子ですが

私は反対です。

アメリカから「押し付けられた憲法だから改訂しろ」と言いつつ、

今回もまた、アメリカの圧力によて改訂されたのは矛盾しています。

また、憲法9条の制限で自衛隊の保持で限界だと思うのですが、

交戦中の片棒を担いで補給活動し、阻害されたら「自衛してよし」

となれば、殆ど「戦争参加」ではないでしょうか?

難民の手当てや食糧の補給のみ参加するくらいで十分だと思います。

中東や中国ばかり目が向いていますが、世界の紛争はそれだけでは

ありません。

偏った国の利権の介入のために我々は

命を落とさなければならないのでしょうか?

アフリカやその他の地域も紛争に悩まされています。

アメリカがそれらにも人道的に手を差し伸べているのでしょうか?

ブラックな言い方になりますが、確かに日本はアメリカがやろうとすれば、

一日で日本を制圧できます。

貿易が数日途絶えれば、パニックになります。

だから日本と紛争を起こしたい国はわざわざ宣戦布告しなくても

貿易船と数回事件を起こせばパニックになります。

アメリカはハイテク兵器で制圧できないことに気付いていると

思います。

対イラク戦争前夜、ボタン一つで攻略できるみたいなデモンストレーション

をしていましたが実際はどうでしょう。

昔の日中戦争のように持久戦法に持ち込まれ、難渋しました。

たぶん、アルカイダなど昔、アメリカから訓練されたということもありますが、

ライフラインを切るということに専念したのではないでしょうか?

ハイテク兵器は安定した精錬された燃料、電気、精巧なスペアパーツが

なければなりたちません。

伸びきったライフラインを切るのは古来からの戦争の常套手段です。

それに日本が加担するということは非常に怖いことだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック