スマホについて

画像

いよいよスマホは身近な物になり手放すことができにくい

物となりました。

アホなので、疑問に感じたことを調べてみました。

電子工学で使う専門用語が多いのでわかりづらいかもしれませんが、

疑問を解消したい方はゆっくり人に聞くか、調べてください。

apple系中心に語ります。

間違っている箇所があるかもしれません。

・タッチパネル

なぜ、ガラスモニターに接触して反応するのか?

人体を約0.5pF程度の静電容量(コンデンサ)とみなし、

ガラスと液晶の間に塗布している細かくくぎっている透明電極に

触れて微弱電流を感知して反応しているのが主流みたいです。

なので、乾燥した冬の朝など人体の静電容量が合わないのか、

なかなか反応せず、苦慮した経験があります。

・充電

最新のライトニングケーブルに制御チップが入っており、

ケーブルに各種機能が備わっているようです。

スマホの中のリチウム電池は公称3.7V

2.7Vくらい下がるまで駆動するそうです。

WINパソコンのUSB2.0(5V 500mA)に大体合わせて

3.7V+0.5V=4.2V

以上でないと充電が始まらないようです。

本当は5V1Aという規格なのですが、余程のことがない限り

制御してノートパソコンからも充電できるようです。

で、巷に売っている急速充電器。

ケーブルに純正と違う細工をしてありまして、

一気に1.5~2A程度電流を流せるように作られている模様です。

難しいっすね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック