まごころ

画像

いきなりキザなタイトルで申し訳ありません。

ちょっと、他のブログに勘違いしてコメントしてしまった歌の歌詞の

内容について説明します。

「何も告げずに一人旅に出て、雨の日突然帰った僕を迎えてくれたのは、

明かりが点いた明け方の部屋と眠ったふりした君・・・」

というイルカの「君は悲しみの」の歌詞ですが、

何も告げないで突然家を離れた「僕」を「君」を待ちわびて、

毎日明け方までずーっと起きて待っていた。

「僕」が帰ってきたのだけれども、

自分(君)が起きていると「僕」が部屋に入りづらいので、入り易い様に

眠ったふりをした。

と当時中学生だった私は解釈しました。

歳がばれてしまう・・・

ちょっと前はMusicの進歩により、演奏に合わせて歌詞が意味のない

ただcoolなセリフを並べるだけの曲が少なくありません。

偏見ですが、そんな曲は2週間くらいオリコンチャートに上位を占めても

その後は急転直下。

流行りだが、聞き流すというリスナーが多いことも否定できません。

アニメで恐縮ですがtrue tearsで「まごころの創造」というセリフがありました。

歌詞で、自分の想いを述べる曲は、あまたにありますが、

「相手への思いやりやまごころの創造」を歌詞にする曲は少ない様に

思います。

しかし、コブクロなど最近は昔のフォークソングの様な歌詞重視の

曲が多くなって嬉しい限りです。







                                        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック